非常食おやつの訓練⛑

当施設では、災害時に備え、3日分の非常食を保管しています。

倉庫の専用棚に、食品のリストと災害時献立を括り付け、緊急時どの職員が見ても分かるようにしています。

今日は、備蓄品の一つである「えいようかん」という名称のようかんを、訓練として、おやつで提供しました。

DSC08500 (2)

普段、おやつで提供するようかん類は、全て水ようかんのため、無事に召し上がっていただけるか心配していましたが、一部、嚥下状態が不良な方を除き、皆様、積極的に自己摂取されていました。

ケースを剥きながら食べる動作を少し手伝う程度で、手で持ったまま摂食が可能で、高齢者が好む小豆味の商品である上、ゴミも少ないので、今後も羊羹は非常食として備蓄を続けていきたいと思いました。

DSC08503

DSC08502

DSC08501

皆様、良い笑顔で召し上がっていました。

非常食の出番は無いに越したことはありませんが、いざという時に備えて、今後も非常食を揃え訓練を行っていきます。